ピーズルーツ ラベンダーハンドソープ 新発売



洗うたび、まるでラベンダー園!
埼玉県嵐山町「千年の苑ラベンダー園」×ペリカン石鹸から天然ラベンダーが豊かに香るハンドソープが登場しました。

商品ページはこちら


副産物「ラベンダー蒸留水」から作るハンドソープの誕生秘話!


香り成分の精油を花や葉から採取する際、蒸留工程で副産物の「芳香蒸留水」という香りの良い水が大量に生まれます。東京ドーム約1個分の広さのラベンダー園がある埼玉県嵐山町では、精油を使った商品展開は多いものの、芳香蒸留水の「ラベンダー水」約数百キロは活用しきれておらず廃棄されていました。

精油だけでなくラベンダー水を活かした取り組みができないか、嵐山町観光協会や町の職員の方々との会議の中で浮かんだのが、通常ハンドソープを作るときに使うベースの「水」の代わりに、贅沢にも「ラベンダー水」で作るハンドソープというアイデアでした。

ラベンダー蒸留水について

「嵐山ラベンダー そのままの香り」を届けるために


ペリカン石鹸として初めての試みである天然の香り成分が溶け込んだ芳香蒸留水をベースにしたハンドソープ作りは、想像以上に難航しました。
せっかくの自然なラベンダーアロマを存分に満喫していただきたいので、配合する原料(洗浄成分など)のにおいを一つ一つチェック。官能テストをクリアした香りを邪魔しない原料だけを使い試作を実施しました。
ところが、通常の水ベースでは起きないトラブルが発生。配合率を微調整した試作を繰り返し行い、約1年の月日をかけて完成に至りました。

ラベンダー蒸留水について

「本当に嵐山ラベンダーの香りがする」皆様からのお声


千年の苑ラベンダー園では、見頃の6月に「らんざんラベンダーまつり」を開催しています。
町の方や観光客にラベンダーを楽しんでいただいた後、園管理スタッフ・観光協会・町職員の方々の手作業で刈り取りを行い蒸留所へと送ります。 地域の方の愛情がこもったラベンダー原料をふんだんに使ったハンドソープを、地元の方々に気に入ってもらえるか?そんなドキドキの中でサンプル品をお試しいただくと、「本当に嵐山町のラベンダー園の香りがする」という嬉しいお声をいただけました。

ラベンダーまつり会場の手洗い場でお試しコーナー設置や先行販売を行ったところ、初日に想定を上回る数をご購入いただき完売する売り場までありました。
先行販売時に開場にて買えなかった皆様には大変申し訳ございませんでした。ぜひ当オンラインショップでお買い求めくださいませ。

ラベンダー蒸留水について
商品ページはこちら



見て、触れて、香りに包まれ、香りを持ち帰れる『らんざんラベンダーまつり』2024


開催日時:
2024年6月7日(金)~6月23日(日)※期間中は無休
9:00~16:00(入場は15:15まで)

見学料:
13歳以上 500円/6~12歳 200円/5歳以下 無料
障がい者手帳お持ちの方 200円
障がい者おひとり+介助者おひとり500円

所在地:埼玉県比企郡嵐山町大字鎌形2326

最寄り駅:
東武東上線「武蔵嵐山駅」から路線バス
期間中の土日のみシャトルバスも運行
詳細は、嵐山町観光協会HPをご確認ください。


千年の苑(せんねんのその)ラベンダー園について
埼玉県中部の比企郡嵐山町にあり、ラベンダー植付面積はおよそ4.7ヘクタール。嵐山町の土地に合わせて選ばれた、色や香りの異なる10種類のラベンダー約2万株が咲き誇ります。2019年にグランドオープンした『らんざんラベンダーまつり』は、今年で5回目の開催。まつりイベント中は風に揺れる美しいラベンダーの鑑賞だけでなく、ワークショップや美味しいグルメもお楽しみいただけます。