カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

ファミリー馬油石鹸(2個パック)

ファミリー馬油石鹸(2個パック)  410円 (税抜380円)

「馬油」配合のもっちり粘る濃密泡で、やさしく洗い、やわらかしっとり素肌へ!

馬油は、お肌の油分に似ているからしっとりなじむ天然保湿成分

中国で、4,000年以上も前から、塗ってお肌を保護するなどの民間療法として使用されてきたと言われる「馬油」は、人が本来持っているうるおい成分※と構成が似ているために、肌なじみが良 く、角質層によく浸透し、ベタつかない使用感の天然の保湿油です。

ご好評頂いている、“リーズナブルなお値段で家族で毎日使えること”をテーマにしたファミリー石鹸シリーズに、「馬油」配合の美容石鹸が仲間入りしました。

※=皮脂
4つの脂肪酸の構成比較表

【特徴1】守って洗う、ねばる泡

馬油+スーパーファット製法 しっとり洗うねばねばの泡!

ファミリー馬油石鹸は、保湿天然油の馬油をスーパーファット製法の石鹸素地に 練り込んだ、とろりと粘り気のある、もちもちの泡立ちです。
保湿成分の馬油とねばり成分(※1)が、ヴェールのように肌表面の水分を保ち、コシのある泡がクッションになって、洗浄時のまさつからお肌を守ります

写真は、ファミリー馬油石鹸と水だけを使って、泡立てネットでこすって作った、泡の実際の写真です。丁寧に泡立てれば泡立てるほどに、もっちり感を増す、ねばねばの泡立ちです!
※1=PEG-90M

まめ知識ゴシゴシ洗いはシミのもと??

洗浄時の摩擦は、一説によると「赤いシミ」の原因であると言われています。
ゴシゴシこすり洗いは、お肌のバリア機能にも影響を与えてしまうと言われているので、やさしくこすらずに、丁寧に洗うことが、おすすめの美肌洗浄法です!

【特徴2】シンプルな処方

配合成分

昔から人々に愛されてきた「馬油」の魅力を引き出すために、
その他の成分をなるべく省いたシンプルな処方にしました。

保湿成分:馬油 ベタつかずに、しっとり
中国で4,000年以上、人々に愛され、塗ってお肌を守るなどの民間療法に使われてきた天然の保湿油。肌なじみが良く、角質層にすっと浸透します。
しっとりと潤うのに、ベタつかない使用感に定評があり、馬油そのものを、お顔・ボディ・指先・髪の毛など全身の保湿に利用する人も多いエモリエント成分です。肌の水分を守って洗いながら、もっちりとした泡質を作り出すことにも貢献しています。
保湿成分:グリセリン お肌の水分を守る
石鹸のもととなる油脂からとれる保湿成分。
肌あれ、カサつきの予防として、美容液やクリームなど化粧品に配合されていることが多く、医薬品の基材成分としても繁用されている成分。馬油と共に、洗浄時もお肌の水分を守る役割を担います。
ねばり成分 泡にねばりとコシを出し、まさつから守る
たんぱく質や、多糖類などから精製される「高分子」と言われるねばり気のもと。洗浄時の肌表面の水分流出を防ぐと共に、泡にねばりとコシを出すことで、まさつからお肌を守って洗います。

【特徴3】スーパーファット製法石鹸素地使用

配合成分だけじゃない! マイルドな洗い心地のヒミツ。

石鹸ができあがった時に、油脂分をあえて多めに残すよう計算して作ることで、しっとりマイルドな洗い心地になる「スーパーファット製法」という製造方法で作られた石鹸素地を使用しました。
石鹸素地とは、小さな石鹸の粒のことで、食品に例えるならパンでいうパン生地のようなものです。ファミリー馬油石鹸は、この「スーパーファット製法」で作られた石鹸素地に、馬油、グリセリンなどの配合成分を丁寧に練り込んで製造しています。
しっとりやわらか素肌をつくる洗いあがりです。

泡表面の拡大図

【特徴4】ベタつかずしっとり。こだわりの洗い心地

ファミリー馬油石鹸は、洗い心地のしっとり感と粘り気のある泡にこだわって作りました。 何度も試作品をつくり、社内モニターをくり返していく中で、保湿成分の油分は、少なくても多すぎても追求したしっとり感を離れてしまうと考えやわらかしっとり素肌を作る洗い心地を目指し、保湿成分をバランス配合しました。

リーズナブルな価格の理由

ファミリー馬油石鹸は、高級なイメージの強い馬油配合の石鹸なのに、
家族で毎日使えるリーズナブルなお値段です。家計にやさしいお値段に抑えることで、
“毎日続けて”使って頂きたいと考え、3つの工夫をしました!

【低価格の理由 1】自社の工場で製造
自社の工場で製造
自社の製造工場で、一度に沢山の個数を製造することで、
1個あたりの原価を抑えました。
【低価格の理由 2】シンプルな処方
シンプルな処方
ファミリー馬油石鹸は、特徴(2)でご紹介したように
できるだけ余分なものを省いたシンプルな処方にしました。
この工夫が、結果的にコストをおさえることにも
つながりました。
【低価格の理由 3】無駄を省いたパッケージ
無駄を省いたパッケージ
店頭で、商品を目立たせてお客様に手にとって頂くには、こだわった華美な包装もとても大切です。
ペリカン石鹸の商品はどれも、できるだけ無駄はなく商品の特徴を表現することを大切にしていますが、ファミリー馬油石鹸は、特に製品をリーズナブルに仕上げるために、台紙の形状や包装形態などは一般的なものを使い、その中で商品の魅力を表現できるように工夫してデザインしました。

馬油豆知識

馬油の歴史

中国で4,000年以上も前から民間療法として人々に愛されてきた馬油。
乾燥が気になるときや、ヒビあかぎれの季節に、あらかじめ塗ってお肌を保護したり、ハリが気になる時にマッサージに使用したり、唇やお顔、からだなどの全身の保湿に活用されてきました。

馬油は、人がもともと持っているうるおい※と、成分が近く親和性が高いために、角質層に浸透しやすく肌なじみが良いと言われています。
寒い所では冷えて固形になりますが、肌の上にのせると体温ですっと溶けて広がりなくなるように角質層に浸透します。

その魅力に魅せられ、現代でも馬油そのものを、お顔・からだ・指先・髪先など全身の保湿オイルとして使用したり、頭皮マッサージやパックとして使用している方が多くいらっしゃいます。

まめ知識馬の油は、ガマの油??

江戸時代に縁日で販売されていたとされる「ガマの油」 その油が何から作られていたのか、
現在も明確な真相はわかっていませんが、
実は馬油であった」という説もあるそうです。

開発担当者の語る、ファミリー馬油石鹸誕生秘話

小さい頃から、乾燥に悩むことが多く時々肌荒れも気になる私は、【ひとのお肌の油分※と成分が似ているので、すっとなじんで自然なうるおいを保つ】と言われる馬油を長年愛用し、肌に塗布してきました。

石鹸のメーカーに勤めるようになり、日々石鹸について学んでいく中で、私の大好きな馬油を使った、しっとりと柔らかな素肌へ洗いあげてくれる石鹸がほしい!という思いで、開発をスタートしました。

テーマとした「しっとりな洗い上がり」を目指し、油分とねばり気を、”少なすぎず、多すぎない”バランスになるよう、何度も試作をしました。

馬油配合の石鹸は、無香料のものが多いですが、私は、香りもバスタイムの楽しみのひとつだと思うので、飽きずに使える「昔ながらの石鹸の香り」を賦香しました。

丁寧に泡立てて、お肌を守って洗うネバネバの泡と、しっとりな洗い心地を、ぜひ一度お楽しみください!

※=皮脂
開発担当者イラスト

おすすめ洗浄方法

洗顔のとき

【Step1】手洗い
【Step1】手洗い 洗顔は、キレイな手で行いましょう。
石鹸もしくは、お手持ちのハンドソープで
手をしっかりと洗います。
【Step2】泡立て
泡立てネットを使う場合
泡立てネットを使う場合 イラスト 水で洗ったネットに、ファミリー馬油石鹸をこすりつけて、丁寧に泡立てていきます。
両手いっぱいにもちもちの泡ができたら、ネットから泡をしぼりとるように集めていきます。
ポイント
  • ●泡を集める時は「しぼりとるように」
     することで泡にコシが生まれます。
  • ●ネットで作った泡の中で、さらにファミリー馬油石鹸を
     泡立てると、泡質がよりねっとりとします。
ネットなしの場合
ネットなしの場合 イラスト くぼめた手のひらに、ファミリー馬油石鹸をとり、
石鹸を回転させたり、こすったりしながら、
しっかりと泡立てます。
途中で、泡立てている手のひらに数滴ずつ水をたらして、水分を足しながら泡立てます。
ポイント
  • ●空気をからめるように含ませながら泡立てると
      短い時間でも沢山の泡を作ることができます。
  • ●てのひらの中心をへこませて、石鹸と手の間に
      空気を入れることがポイントです。
  • ●少しずつ水をプラスしていくことも、
      ねっちり泡を作る秘訣です。
【Step3】洗顔
洗顔 野球ボールくらいの量の泡を作ったら、両手でお顔を包み込むように洗顔していきます。
ゴシゴシとこすらずに、ねばり気のある泡をお肌と手の間のクッションにしてやさしく丁寧に洗顔していきます。
【Step4】すすぎとタオルドライ
すすぎとタオルドライ 丁寧に洗顔した後は、ぬるま湯でやさしく泡を洗い流していきます。 髪の毛の生え際など、泡を残さないように丁寧にすすぎ、清潔なタオルでこすらずに丁寧に、押すようにして水分をふきとります。

ボディ用のとき

ボディタオルやスポンジを使う場合
ボディタオルやスポンジを使う場合 清潔なタオルを、ぬるま湯にひたして水分を含ませます。
タオル全体がねっちり泡に包まれるように、丁寧にこすりつけて泡立てたら、洗顔と同じように、できるだけゴシゴシしないよう、やさしく洗います。
もっと乾燥が気になるとき
もっと乾燥が気になるとき 乾燥が特に気になる日には、タオルをつかって泡立てたねっちり泡を、手のひらにとって、手でやさしく洗います。

ファミリー馬油石鹸 Q&A

Question 石鹸トレーから石鹸をとりあげた時に、納豆のように糸をひきました。
くさっているのかと心配になりましたが、これは異常ですか?
Answer 異常ではありません。
ファミリー馬油石鹸に配合されている保湿ねばり成分(※2)の影響ですので、安心してお使いください。
糸ひきが気になる場合は、石鹸表面を軽く水で洗い流してから
お使いください。
トレーのねばり気も、気になる場合はお手数ですが
こまめに洗いながしてお使いください。

※2=保湿成分:馬油、PEG-90M
Question しばらく使っていなかったファミリー馬油石鹸を、久しぶりに使用したら、
以前よりも糸をひかなくなったように感じます。どうしてでしょうか?
Answer ファミリー馬油石鹸は、長期間使用せずに乾燥した環境にあると、石鹸表面に付着したねばり成分が、石鹸表面をコートするように固まってしまい、ねばり気が出にくくなることがあります。
糸をひきにくくなったと感じたら、石鹸の表面をわずかに
削ってから使用してください。以前と同じようなねばり気になります。
Question ファミリー馬油石鹸と一緒に使っていた泡立てネットが白くなりました。
Answer 石鹸の泡が、洗いながされずに残ったまま乾燥すると、白く固まってしまうことがあります。
ご使用後は、泡が残らないよう丁寧にすすいでよく乾かすことで防ぐことができます。

ファミリー馬油石鹸(2個パック)

価格:

410円 (税抜 380円)

[ポイント還元 20ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ファミリー石鹸シリーズの選び方

  • 柿渋ファミリー石鹸
  • 薬用ファミリー柿渋石鹸
  • ファミリー馬油石鹸
  • うるおいざくろの美容石鹸
  • 緑茶ファミリー石鹸
  • アサイーファミリー石鹸

【ご使用上の注意点】

  • ●お肌に合わない時は、ご使用をおやめください。
  • ●目に入らないよう、ご注意ください。
  • ●目に入った場合、こすらずにすぐ洗い流してください。
  • ●目に異物感が残る場合は、眼科医にご相談ください。
  • ●石鹸が糸を引くことがありますが異常ではありません。
全成分
80g×2個セット
成分/ 石ケン素地・水・パーム脂肪酸・パーム核脂肪酸・馬油・グリセリン・PEG-90M・EDTA-4Na・塩化Na・エチドロン酸4NA・エチドロン酸・酸化チタン・酸化鉄・香料
<広告文責>株式会社ペリカン石鹸 TEL:03-3432-2846 <製造販売元> 株式会社ペリカン石鹸 <区分> 日本製・化粧品

ページトップへ